読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名もなきストーリー

気ままに。

指定校の存在価値皆無

はじめにこれを書くに至り『負け犬の遠吠えだ』とか『やってるやつはやってる』とかそういう綺麗事などはいらない。誰もが思うこと、どう考えてもおかしいという大多数の意見として受け取ってもらいたい。

本題はなぜ指定校は存在するのか。である。
結論から言うとこれに関しては廃止以外正解はないのではないか。

私は関西圏在住のため関西圏に話が偏ってしまうが東京のMARCHなども同じことが言える。関関同立は一般試験では入るのが難しく大手予備校や進学校が目標を掲げて向かう先である。しかし、関関同立の一般試験での入学者比率は50〜60%程度だ。枠が少ないということが問題でもあるが論点はそこではない。
一般試験では何倍もの競争率を勝ち抜き合格できる人もいれば滑り止め校に行くことになるの人たくさんいる。第一志望の大学に入れるのはほんの一握りだ。
それなのに指定校は試験もなければ面接だけでほぼ100%合格するという一般試験とはレベル違いな話だ。学校の成績だけで入れるのはおかしいのではないか?
ここでまた学校の成績を取るのは難しい3年間やるのは難しい。成績落とせないのはしんどいという声が聞こえてくるのもわかる。
確かに学校の成績を取るのが難しい学校もある。一部国立大を目指す進学コースで成績を取ることは困難である。私大文系は3科目に対し国立大目指すコースの定期考査の教科数は10以上にのぼる。私大文系の指定校を取るにも数学や理科などやりこなすは大変だ。そのような特別な例はここでは大きく取り上げるつもりはない。
だけど1年生の時は中学英語をしたり社会科目は教科書の太字の有名なとこのみ。数学はA問題だけなどそのようなレベルの定期考査でとった成績は一般試験には到底及ばない。
そのような高校から関関同立もしくは産近甲龍に指定校で行くやつは正直一般で狙ってる人に取れば殺意が湧くレベルである。
実際指定校の人たちの模試の成績は話にならいレベルが多くセンターの得点率も低すぎる。足元にも及ばないような人たちがなんの努力もなく大学に進むことは不公平と感じる。
ここでまた「成績とる努力をした」という声が聞こえてきそうだが、学校のテストはできて当たり前ではないか?範囲が決まった中でたかが1.2週間勉強したら4や5がつくレベル。できることを当たり前にやるのが定期考査であり、大学受験はできないことを潰していきできるようにするものである。できることを当たり前にするのとできないことをできるようにするには努力や時間が比べのものにならない。大学受験を経験したことないやつには理解ができないほどの苦労である。ちょっとやそこらの学校の勉強をしたからといって気持ちがわかるほど甘くない。
生温い勉強で入ったやつのせいで枠が減り努力してきた優秀な人たちが大学に入れないのは大学側にとってもマイナスであり受験生にとってもマイナスである。
まだまだ日本は学歴社会な風潮があるが不平等な入試が存在する以上学歴に対して不信感しかなく、そんな学歴を振り回してるようでは日本の大学のレベルもまだまだ上がらない。

指定校は入ったらついていけないからと言うがそれで落第している人がたくさんいるわけでもない。所詮入ったもん勝ち。
若い時に苦労しなければいつするのだ。
大学受験は人生の苦労でも片手に入るようなことだがそのような努力をしないやつはどこか人間的に欠けている。
学校の教師も受験を経験した人の言葉は温かくよく響く。生徒の人生を本気で背負い、その子の志望が叶うように全力で尽くしてくれるが、経験してない先生は受験に対して生半可であり、かける言葉もそんなこと言われなくてもわかってるわというよなことばかり。生徒の人生を本気で背負う気もなく自分の教師人生のイチ経験であるとしか思っていない。教師にとればたった1つの学年であるかもしれないがそこにはたった1度の人生がかかっている。指定校で入ったやつが社会に出てそんな人の気持ちもわからないようやつが増えると思うと日本の教育も衰退するばかりだ。

少子化で子供がいないため指定校があるのか。指定校を廃止できない何かがあるとしても進級するのがとても難しく一般入試を乗り越えた学力がない限り進級できないようにするか就職の際一定の企業には就職できないようにするとかそれぐらい負を背負っていってもらわないと一般試験であと数点足らなかったひとたちに対して失礼だ。
なぜ入学者同士雲泥の差があるのにもかかわらず入ったら同じように評価されるのか。
まず、なぜ指定校の奴らのほうが落ちた人たちよりも低学力なのに入れるのか。
その落ちてきた人にとればいままでのものはなんだったのか。
結局努力もなければ学力もないものを入れているから大学自体も日本の学力水準も下がる。こんなあたりまえでみんなが思っていることがなぜ普通に行われてるか不思議で仕方がない。

結局何が言いたかったかというと指定校は微塵も存在価値が見出せない。
年を増すごとに人は平等に判断してもらえない。大学 職業 年収 地位などしょうもないものに囚われているがそれが現実だ。
その差別的な見方の出発点でもあるにもかかわらず大学に平等に入ってきていない。おかしすぎる。